天に召された

 義母が突然逝ってしまった。今日の嵐のなか。
90歳と高齢ではあったが、まだまだ元気だと思っていた。
実家へ会いに行くと、いつも帰りの挨拶が辛い。
「Kさん帰るのはまだ早いよ・・・もっとゆっくりして行ってよ」と口癖のように言う義母だった。
こんなことになるなら、もっと長居しておけば良かった。悔やしくてならない。
 家内との結婚の承諾に伺った時「返事はもうチョット待って」と言われた。
半世紀も過ぎた今、未だにその「承諾」の正式な言葉は頂いてない。
 でも、こんなに慕ってくれていたのだから、言葉など要らない。
[PR]

by grnhil | 2006-04-20 19:59 | 悲しいこと  

<< 沈黙 新庄選手に想う >>