「ほっ」と。キャンペーン

ルーブル美術館展


 8月に開催される「学展」に出展する孫(中3女)に付き合って、
作品(大略90×72cm)の搬入役で久し振りの東京都美術館へ。
 梅雨明けを思わせるような暑さに“ヘトヘト”。
b0076836_16162481.jpg
b0076836_16164644.jpg
時間はたっぷりあるから、あちこち闊歩して来ようと出掛けたが、やっと都美術館の“平和美術展”と芸大美術館で開催の“ルーブル美術館展”を観て帰る。
 山歩きとは違って、美術館会場をダラダラ歩きは疲れる。
b0076836_16171048.jpg

 その中でも、感動は「ルーブル美術館展」の数々の彫刻美。
あの美しさ・・・前300~400年のものとは思えない感動!。
あの時代の「人の姿」が現世の人以上に美しく、研ぎ澄まされ現代離れして映る。
 8月20日まで開催。
[PR]

by grnhil | 2006-07-30 16:25 | 素晴らしいこと  

<< 「宇都宮氏」ゆかりの地を観る 苦しみは、はかり知れない >>