目眩に襲われる

 今朝、いつも通り6時15分起床しようと眼を開けたら、吐き気。
我慢して立ち上がると目眩がする。
それでも洗面所まで行き、髭を剃ったり歯磨きをするが顔面蒼白に気づく。
 これは、ただ事ではないと思いながらトイレでゲーゲーやっていると妻が気づき、大騒ぎ。
 今日はあいにくの日曜日。かかりつけのS総合病院へ電話で状況を説明すると、緊急外来院せよとのこと、子供の運転で妻と3人で駆け込む。
 緊急外来受付は満員状態。
それでも30分ほど待って、診察・検査開始。
心電図・エコー検査・肺のX検査・血液採取等を行う。
先生からは、心配した「心臓・肺」には問題無さそうだ。・・・とのこと。
(7年前「無機肺」の病歴あり)
 しかし、まだまだ検査すべきところあり、29日(火)再度外来院するよう告げられた。
人間(私だけかも)弱いものだ。チョットした目眩で口も利けないほど弱ってしまう。
 健康はあり難い事。
29日(火)は日光の「黒檜山」へ登る予定で準備した。残念だが暫らく山行きは慎むべきか。
(今はこうしてPCへ向かうことも出来る状態に戻った)
[PR]

by grnhil | 2006-08-27 18:01 | 恐ろしいこと  

<< ましこの炎まつり コンサートを楽しむ >>