カテゴリ:微笑ましいこと( 7 )

 

新鮮な元気を貰う

5月22日(火)
赤城山(荒山と鍋割山)を登る友の会ハイキングへ参加。
1年8ヶ月振りの参加だ。
天候は“良すぎる”ほど。
 この荒山高原一帯はツツジの大群生地。
アカヤシオはピークを過ぎトウゴクミツバツツジは盛り。
いわゆる橙色したツツジは少々早かった。(10日位早いか)
b0076836_23275530.jpg

荒山高原をベースに荒山と鍋割山の二つの山を登り、些か疲労感を持ったが
驚いたことに小さいチイサイ幼稚園児が鍋割山を“征服”し、地蔵岳・荒山の見える山の見晴で(地べたに座り込んで)食事中。疲れた様子もなくb0076836_2334645.jpg元気いっぱいだ。何度かハイキングをするが幼稚園児に出会ったことは初めて。新鮮さを感じ“元気を貰った”
[PR]

by grnhil | 2007-05-23 23:45 | 微笑ましいこと  

子供たちの米作り

 稲作に挑戦した子供(学童)たち。
その後、稲刈りまでは終わったが、さて、白米にするにはどうするのか?
一握りの稲束だから、機械にかけると無くなってしまいそう(・・・と言うよりも子供たちの手で脱穀~白米までをやって欲しかった)なので、
試行錯誤してもらった結果、白米が(3合少々)採れた。
その道具が面白い。よく考えたものだ。
その道具は・・・

b0076836_16401889.jpg
写真説明
(1)脱穀機・・・ダンボール箱を囲いにし、板に5寸釘を一列に細かく打ち付け、穂をここに挟み引き抜く。
(2)種モミ確保・・・先ず来年の為の「種モミ」を確保
(3)籾摺り機・・・擂鉢とソフトボール用のボール。擂鉢に籾を入れボールで擦ると殻が剥がれる。
(4)とおみ・・・「こうもり傘」の内側に籾殻と玄米の混合したものをここに入れ、回転させながら口で息を吹きかけ、籾殻と玄米を分離させる。
(5)分離した「籾殻確保」・・・自分たちで作る陶芸の釉に使うと言う。
(6)「玄米」・・・ここには写って無い
(7)じょうご・・・玄米を「瓶」に入れるための道具。
(8)精米機・・・「瓶」に玄米を入れて、棒で突く。
(9)分離した「米ぬか」・・・子供たちが飼育している「クワガタ」や「カブトムシ」の飼育に使う。
(10)最終完成品「白米」は約3合少々・・・子供たち20数名で小さなお皿に少しづつ盛って歓声を上げながら新米の味を楽しんだと言う。
 小生が甲武信岳へ登って、留守の間に待ちきれず食べてしまった。
・・・残念。
それこそ「藁」から「稲の全て」が捨てるところ無く、役に立つことを学んだ。
 <益子の船橋先生へ>
 水稲の苗を提供してくれた上、稲の手入れ方法までご教示頂き有難うございました。
お陰様で得難い経験をさせてやれました。感謝!
[PR]

by grnhil | 2006-10-18 17:02 | 微笑ましいこと  

疑問は進歩

Excite エキサイト : 社会ニュース
子供たちの純粋な疑問が生んだ、社会との繋がり。会社の対応も素直で良い。
いろいろ問題のある今日この頃であるが、大人を信じる子供たちになって欲しい。
[PR]

by grnhil | 2006-07-12 20:57 | 微笑ましいこと  

お陰さまで・・・

 義母の49日法要。
直江津・柏原・東京などから(親族20名ほどが)お寺に集まる。
ご住職の読経の後の説法に、何時も心に響くものがある。
今回は「お陰さまで!」と言う言葉の奥意を説いた。
この歳になるまで漠然と使っていた言葉であるが、
仏法から説明されると「なるほど・・・」と思うものがある。
その後の会席で「お陰さまで・・・」が諸所の挨拶の中に聞こえた。
[PR]

by grnhil | 2006-06-03 19:24 | 微笑ましいこと  

川柳に想う

 “昼食は妻がセレブで俺セルフ”・・・が今年のサラリーマン川柳の人気一位だそうだ。
一見男性としては痛ましい感じはするが微笑ましいではないか。
 財布持ちの奥方が「セレブ」を出来るということに、少々のゆとりを感じ安堵する。

 現役時代を想い起こすに、あの頃、何のカンのと言って飲み歩いていたが、妻の財政管理は容易ではなかったと。
[PR]

by grnhil | 2006-05-16 20:30 | 微笑ましいこと  

新庄選手に想う

 新庄選手が突然の引退宣言。
あんな、ド派手な活躍(2本塁打)をした後に、この宣言・・・
いつもの彼らしいところか!
今までの観客を意識したパフォーマンスには、首を傾げたくなる思いもあった。
しかし、ここまで低迷した“プロ野球”を一心に北の大地に盛上げて来た功績は大きい。
しばらくマスコミもいろいろ騒ぐだろうが、彼が漏らした“他人には分らないと思うが自分の本来の行動ができない”と言う肉体的限界とも取れる宣言は理解できる。
でも、まだまだ“歳”には早い。
残りシーズン精一杯やって、“いや前言取り消し!”・・・と言うのも彼には許してやりたい。   新庄頑張れ!
[PR]

by grnhil | 2006-04-19 19:04 | 微笑ましいこと  

そっと咲いて

君も咲いてたんだね。b0076836_160862.jpg
桜の陰でそっと。
気づかずにいてゴメン!
君は桜より綺麗だよ。
ほんのりピンクになったりして!
蕾も可愛いぞ!
[PR]

by grnhil | 2006-04-14 16:02 | 微笑ましいこと