カテゴリ:恐ろしいこと( 3 )

 

9.11に想う

 5年前の今夜。北海道の苫小牧港にいた。
あの恐ろしい事件(9.11)をこのフェリーターミナル待合室で見ることになる。
8日から3泊4日の北海道旅行の最後の乗船待ちの時だった。

 朝、宿泊先の支笏湖畔の宿で、台風は本土を襲い、その勢力は衰えず北海道に向かっているTV情報。
 帰途の船は出るのか心配。問い合わせると、殆どの船は欠航だが、当日予約の船は(深夜便23時45分発)は出航するという。
 雨風が強くなる一方で一日中観光にはならず、食事も摂れず、早々に苫小牧フェリーターミナルへ。午後5時頃から乗船まで待つことにした。
 この頃、台風は青森辺りにあり、北海道へ向かっているという。
待合室で台風情報に釘付けになっていると、突然画面が変わり(午後10時頃だと記憶しているが)、あのツインタワーの映像。一方のビルの上部から黒煙が立ち上る。映画の一コマを見てるような・・・何が起きたのかわからずに見ている。
 その後、航空機がもう一方のタワーに突っ込む様がリアルタイムで写し出された。
この後暫らくして、一方のタワーが物凄い白煙とほこりを巻き上げて崩れ行く映像。間もなくそれに続いてもう片方のビルも。
 この事件で、台風情報は殆ど報道されず、出航時間(23時45分)も過ぎて、外は物凄い雨風が襲っており心細い時間を過ごす。
その後「乗船開始する。台風進路を見ながら出航し、外に出て台風をやり過ごす」とのアナウンス。
 結局、2時間遅れの翌日(12日午前1時35分)恐々苫小牧港を出航した。
暫らくして“台風から外れるコースを辿っている”という船長のアナウンスがあったっが、船旅に馴れない我々は、船のキシム音、上下に揺れるその様は想像以上なものであった。
 妻は個室から海原をユッタリと見ながら、
(個室から見る12日の台風一過の海原)b0076836_19102566.jpg


 船のレストランで食事をすることを楽しみにしていたが、それもおろか食欲はなくなり、一睡も出来ず、このWの出来事で帰宅後1ヶ月以上も体調優れず癒しの旅も最悪な旅行になった。

 ・・・が未だあの崩壊で尊い命を落とされた方々の身元の確認もできない大勢の方がいるという。
この事件の解決の出口はあるのだろうか!
[PR]

by grnhil | 2006-09-11 19:22 | 恐ろしいこと  

目眩に襲われる

 今朝、いつも通り6時15分起床しようと眼を開けたら、吐き気。
我慢して立ち上がると目眩がする。
それでも洗面所まで行き、髭を剃ったり歯磨きをするが顔面蒼白に気づく。
 これは、ただ事ではないと思いながらトイレでゲーゲーやっていると妻が気づき、大騒ぎ。
 今日はあいにくの日曜日。かかりつけのS総合病院へ電話で状況を説明すると、緊急外来院せよとのこと、子供の運転で妻と3人で駆け込む。
 緊急外来受付は満員状態。
それでも30分ほど待って、診察・検査開始。
心電図・エコー検査・肺のX検査・血液採取等を行う。
先生からは、心配した「心臓・肺」には問題無さそうだ。・・・とのこと。
(7年前「無機肺」の病歴あり)
 しかし、まだまだ検査すべきところあり、29日(火)再度外来院するよう告げられた。
人間(私だけかも)弱いものだ。チョットした目眩で口も利けないほど弱ってしまう。
 健康はあり難い事。
29日(火)は日光の「黒檜山」へ登る予定で準備した。残念だが暫らく山行きは慎むべきか。
(今はこうしてPCへ向かうことも出来る状態に戻った)
[PR]

by grnhil | 2006-08-27 18:01 | 恐ろしいこと  

古いTVが

 我が家の古いTV受像機から煙が出た。
さる24日、夕刻のニュースを観ていると、急に画面が揺れだし、暫らくして焦げる臭いがしてきた。
 何だろう・・・?とあたりを見ているうちに受像機の上部から青白い煙がモクモクと吹上って来た。
 とっさにコンセントからプラグを抜き、暫らく呆然と立ち竦んでしまった。

 これが親たちが不在で、孫だけで見ていたら、どう対処しただろうか・・・?
先日も親の留守中に3名の幼い子供さんの尊い命が奪われた火災事故があった。
 身体が“ゾーット”した。
 
 私たちのTVの取り扱いが悪かったのか。
埃でも入っていたのだろうか?
埃にまみれた生活環境でもないと思っているが・・・
 親として、身の回りを見渡し、安全に気を配らなければいけないなぁ・・・と自問自答。

 他のご家庭にも、こんな不具合がなければ良いが・・・と願う。

そのTVは、未だそのままの位置に置いたまま、手を付けるのも恐ろしい。
[PR]

by grnhil | 2006-05-29 19:29 | 恐ろしいこと