カテゴリ:素晴らしいこと( 17 )

 

季節の贈りもの

 16日、山菜の季節を迎えた桧枝岐民宿「松源」へ。途中「屏風岩」の岸壁にへばりついて咲く「アカヤシオ」b0076836_17474523.jpg
が眼に入った。
翌日(17日)、3ヶ月前から予約しておいた「鵜の岬」国民宿舎へ。幸い天候に恵まれ「日の出」を観ることが出来た。b0076836_1739303.jpg

帰路「ひたち海浜公園」の「ネモフィラ」の壮大な丘へ。

b0076836_17483563.jpg
[PR]

by grnhil | 2010-05-18 17:52 | 素晴らしいこと  

栃木県庁15階からのナイトビュー

 家内の誘いで初めて県庁15階にあるレルトランへ。  
さすが15階のナイトビューとあってその眺めは良い。
只、腕のせいで写真写りが良くない!次回は日中に上がってみたいものだ。
b0076836_946077.jpgb0076836_9462356.jpgb0076836_9464669.jpg

[PR]

by grnhil | 2009-03-01 19:00 | 素晴らしいこと  

可憐な花々

恐るおそる登った庚申山。険しい山だ。
やはりそこで得たのは「コウシンソウ」
b0076836_2212395.jpg
b0076836_22145135.jpg「イワコザクラ」だ。

岩壁にはりついて咲く可憐な花。
今までにない9時間と言う長帳場の山登りだった。
[PR]

by grnhil | 2008-06-18 22:04 | 素晴らしいこと  

那須嶽神社開山祭


 山友が計画した「那須嶽神社開山祭」に初めて参加。
 あいにくの曇天にも拘らず開山祭の行われた“茶臼岳”(1,915m)には400名(地元紙)の登山者で賑わった。
b0076836_1722282.jpg

 5月の茶臼~朝日岳(那須岳)登山は初めて。所々に残雪もあり、スリルを味わう登山となった。
[PR]

by grnhil | 2008-05-09 17:28 | 素晴らしいこと  

石裂山(879m)へ

 一ヶ月一回ペースになってしまった山行き。
今回はアカヤシオ咲く信仰の山・石裂山(おざくさん)(879m)へ。
 いつもの友人と楽しむ。この山は標高こそ低いが急登急降下の道をクサリや梯子
b0076836_21333918.jpg
を使ってのスリル満点(決して侮れない)な山。
 山頂にはこの季節アカヤシオが咲きb0076836_21344029.jpg疲れを癒してくれる。
[PR]

by grnhil | 2008-04-23 21:40 | 素晴らしいこと  

青空

 何時もの友人に誘われ鳴虫山に登った
幾つものコブ(アップダウン)を越え、やっと辿り着いた山頂。
 数日前からの天気予報では「雨か曇り」。
山頂では雲一つ無い。
b0076836_17464465.jpg展望台に寝転び天空を眺めると、そこは“紺碧”であった。
 
[PR]

by grnhil | 2007-11-20 17:51 | 素晴らしいこと  

真岡町の生んだ“田村豊幸博士”のこと

 ひょんなことで田村博士の“野仏展”開催をお手伝いすることになった。
博士は真岡町(今は市であるが)出身の高名な医学博士(臨床薬理学)である。
先年脳卒中で右半身付随となり、リハビリに粘土細工をはじめられた。
 これまでに片手で作り上げた“野仏”作品展を古里の益子町で開催することになった。
b0076836_7301488.jpg

 博士の著書には専門分野はもとより「下野郷土史異聞」「栃木県真岡市の大前神社」「花山天皇」等、古里を想い遣る著書が沢山あり、今も古里を回顧する「真岡町だより」の発行(同郷出身~東久留米在住~の福田浩明氏と共に)は“真岡町”の歴史を見る想いである。
 この度、博士から「脳出血であの世へ行って還ってきて」(馬鹿医者・反省記)なる著書を贈られた。
 現役の医師の「あの世と現世のはざ間の体験」をユーモアを交えた言葉で綴られており「これからの人生に大いに役立てたい」と思う場面が沢山ある。

“野仏展”は益子町陶芸家「松原直之氏」との二人展として開催される。
 場所:民芸店ましこ 
 期間:11月1日(木)~7日(水)
[PR]

by grnhil | 2007-10-09 07:34 | 素晴らしいこと  

「栃木に息づく濱田庄司とその系譜」始まる

 久し振りの休み。
14日から始まった「栃木に息づく濱田庄司とその系譜」(益子陶芸美術館)を観る。
b0076836_17521223.jpg


いわゆる“益子焼”を創り上げた陶芸家達の作品である。
栃木県美術館や益子陶芸美術館収蔵品を一堂に展示したもので、
「どっしりとしかも繊細」な陶芸品は一見の価値あり。

b0076836_18182421.jpg
 すっかり桜の時期も過ぎ美術館入口に2~3輪の花をつけたシャクナゲが
今年最初に観た“花”のような気がする。
[PR]

by grnhil | 2007-04-19 18:21 | 素晴らしいこと  

鶏鳴山

 2月に入って初めての山行き。
何時もの友人と共に。
 過日、身近で手軽、しかし侮れない「古賀志」が山火事に遭った。
原因が判るまで古賀志の登山は自粛しよう・・・と言うことで
古賀志山より北西に在る「鶏鳴山(961m)」へ。
 コースの80%は杉林、その急登の中を歩く。
しかし、尾根から山頂までは日光連山の素晴らしい雄姿を見せてくれる。
b0076836_1302170.jpg

 この光景を前に、1時間ほどの昼食を摂る。
[PR]

by grnhil | 2007-02-15 13:02 | 素晴らしいこと  

湯の小屋温泉~照葉峡の紅葉

 21日(土)谷川岳を下りて水上町から40分程の“湯の小屋温泉”にある
民宿「清流の宿 たむら」に宿泊。
 この付近は八木沢ダム等がある渓谷沿いにひっそりと佇む温泉宿。
折から紅葉の最盛期。宿の周辺は見事な紅葉だ。
b0076836_15293136.jpg

 帰路は「照葉峡」のある水上片品線を片品村へ進むが、この辺りは深山から流れ落ちる数条の滝と紅葉の色彩とが相乗して見事な秋景色を魅せてくれる。
b0076836_15303265.jpg

 24日(本日)再度この地へ出かけたくなり、休暇まで取ったがこの風雨で中止。
一日中「ゴロゴロ寝」を決め込んだ。久し振りに「身体休まる休日」となった。
 来年、元気でいられたら、もう一度この“目”で観て置きたい光景だ。
関連HP⇒ GreenHill 参照
[PR]

by grnhil | 2006-10-24 15:34 | 素晴らしいこと