「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:嬉しいこと( 21 )

 

家庭菜園

昨年から一人農業(いや家庭菜園かな)を始めた。
昨日第一回の収穫。
b0076836_20595116.jpg

[PR]

by grnhil | 2013-07-12 21:00 | 嬉しいこと  

季節の花咲く

 先週の山行きで脹脛の痙攣を起こし、今日はトレーニングを兼ね篠井連峰を登ってきた。
全国的に晴れの予報。山頂からの眺めは“春霞”で眺望はいまいち!
榛名山の麓で季節の花に巡り合った。b0076836_19242243.jpgb0076836_1925289.jpg
b0076836_19252429.jpg
[PR]

by grnhil | 2009-04-07 19:30 | 嬉しいこと  

春の足音が・・・

 春の足音が近づいている。
2~3日前、b0076836_1912995.jpg益子の里(船橋家)へ出かけ毎年見かける場所で元気に“福寿草”は咲いていた。
今年も春を追いかけられる幸せを感じる。
[PR]

by grnhil | 2009-02-12 19:13 | 嬉しいこと  

初窯作品にありつく

  益子町 陶芸家・松原直之さんから“象嵌唐草文 湯呑揃”を頂いた。
b0076836_19171749.jpg
この夏、新しい窯を築いて初の作品、所謂“初窯”作品。
象嵌唐草模様の素晴らしいものだ。次ぎの写真は“象嵌唐草文 香炉”
b0076836_1917505.jpg
 初窯の作品を手にした者は“長生き”すると言う。
これ以上の長生きは周りに迷惑をかけることになりかねないので恐縮だが、満更でもない。
やはり嬉しい。
[PR]

by grnhil | 2008-11-02 19:05 | 嬉しいこと  

生ものに大騒ぎ

 金沢に出かけた倅夫婦から生もの(蟹&甘えびetc・・・)が届いた。
生の蟹を扱うのは初めて。

b0076836_20513768.jpg

b0076836_20521025.jpg

b0076836_20523297.jpg

b0076836_20525168.jpg

大騒ぎしてるところに倅夫婦から電話あり何とか処理して食卓に上げた。
b0076836_2053193.jpg
 今回は姪の誕生日祝いとのことだ。
節目節目に届けてくれる贈り物有難いことだ。
 
[PR]

by grnhil | 2008-10-24 21:02 | 嬉しいこと  

男体山へ

 スカッとした秋晴れの中、念願の“男体山登山”ができた。
8月以来異常気象が続く日本列島。日光方面も雨が続き、入山を控えていた。
今回、友人が男体山登山を企画してくれ、その思いを達してくれた。
 早朝(5時)、宇都宮を出、登山開始は6時50分頃、山頂には10時半着・山頂では1時間半程滞在するユッタリ登山。天候は今までに経験のない晴天無風。
b0076836_6464677.jpg


山頂からは霊峰“富士”の姿も確認できた。
b0076836_647733.jpg

すべてに感謝!
[PR]

by grnhil | 2008-09-10 06:48 | 嬉しいこと  

ハクチョウ飛来

  芦野へ向かう途中、右側にハクチョウの飛来地“羽田沼”の案内板。
 地元出身にも拘らずいつの日か行けると思いながら、ついつい今日に至った。
2~3日前の新聞でハクチョウ飛来を知り、立寄った。
b0076836_1027485.jpg 池の周りには沢山の水鳥達(オオハクチョウ・コハクチョウ・オオガガモ・ヨシガモ・マガモ・カルガモ・・・)。それを眺める人・ひと・ヒト・・・
今年も200羽を越えるハクチョウが飛来してると言う。
 こののどかな大田原を忘れずにまた来て欲しいものだ。
[PR]

by grnhil | 2008-01-27 20:32 | 嬉しいこと  

今年最初の山行き

 古賀志山を登る
今年は小生の干支。
今年も山に登れる喜びは一入。
b0076836_20384524.jpg
         (「559の峰」からの日光連山)
 日光・那須連山を眺めながら穏やかな一日を友と共に過ごすことが出来た。
感謝!
[PR]

by grnhil | 2008-01-16 20:41 | 嬉しいこと  

通院から開放される

 平成11年4月、発症の「ネフローゼ症候群」治療(専門医院)から、更に誘発的に発症した肺炎による肺膿瘍・脳膿瘍&右眼視力失の治療のため総合病院へ入院・治療・退院そして定期的通院治療が続いた。
 その治療が功をなし、本日(9月25日)担当医から「X-Ray結果は異常を認めない。内科通院はここで終わり」との診断が申し渡しされた。(但し、原因不明・・・が気がかりではあるが)
 この間、2度も最悪の告知を受け、ただただ“生還するんだ”と言うことを信じ、病院食は総て平らげ・リハビリ散歩を続けてきた結果、好きではなかった登山やハイキングに癒され楽しみを味わい、今日の自分を迎えられたこと、周囲に感謝する昨今である。
 約8年間付きあったこの「病」とも一応これでお別れ。
残り少ない人生ではあるが記録すべき瞬間であった。
[PR]

by grnhil | 2007-09-25 12:27 | 嬉しいこと  

心配なこと


 7月初旬から気にかけていた後頭部の腫れ物。
7年前の再現かと一時覚悟したものの、
家族の重なる勧めでS総合病院へ。
 初期診断は「汗腺系腫瘍の疑い」があるので
「病理検査をしょう」ということで8月3日検体採取。
その結果が今日告知された。
 幸い「悪性」ではなかった。
病名は「石灰化上皮腫」というもので頭皮の毛の基質が
石灰化するとのこと。
 変な病気になったものだ。
このままにしておく訳にも行かず、時期を見て切除手術をすることになろう。
心配なのは、醜い顔面も然ることながら、
後頭部に「大きなハゲ」をつくることだ。

 そういう意味で、未だこの人生に未練があるのだろうか?
笑ってしまう!
 
[PR]

by grnhil | 2006-08-10 13:32 | 嬉しいこと