「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:悲しいこと( 13 )

 

古賀志山燃える!

 今朝、6時頃発見された山火事。
険しい山ゆえ陸上からの消火には限界がある。
午後4時になっても鎮火されないというニュース。
 ヘリによる懸命な消火作業が続けらてる現場を見た。
b0076836_1819260.jpg

(午後4時25分撮影)
 残念だ。何故火災が起きたのか?
原因はまだ判らない。
もしも、登山者の不始末としたら“トンでもないことだ”
この山は確か個人所有の山と聞いている。
 もし、入山禁止にでもなったら、我々中高年の安らぎの古賀志山ハイキングは叶わなくなるだろう。
絶対山火事は起こしてはならないことだ。
[PR]

by grnhil | 2007-02-05 18:22 | 悲しいこと  

苦しみは、はかり知れない

Excite エキサイト : 社会ニュース
なんとも切ない事件だ。認知症を患った母を看病し続け、生活保護にも見放された・・・その苦しみははかり知れないことだ。
[PR]

by grnhil | 2006-07-21 15:49 | 悲しいこと  

梅雨に咲く花“ドクダミ”

 もう一つ、梅雨に咲く花“ドクダミ”がある。
この季節、路地裏に咲く。
b0076836_14274515.jpg

毒を消したり痛みを和らげると言う薬効のある野の花。
それに触ると異臭(人は悪臭と言うが・・・)がするが、
小生には尊い匂いにも感じる。
“ドクダミ”・・・何と無く嫌われ者の名前に聞こえる・・・。
この時期、紫陽花に代表され、あまり取り上げられることもない“ドクダミ”。
真っ白く清楚に咲く花“ドクダミ”。
除草してしまうのも“もったいない”野の花である。
[PR]

by grnhil | 2006-06-19 14:38 | 悲しいこと  

取締り犠牲に

Excite エキサイト : 社会ニュース
気の毒だ!
彼らに非は無い。決められた「取締り作業」をやったまで。
これでこんな被害が続出するのであれば、当局は取締り方法を再検討しなければならないだろう。
委託を受けたとは言え、所詮民間人だ。暴力に対抗処置はない。
守ってやらなければならない。
絶対に後戻りはして欲しくない。
[PR]

by grnhil | 2006-06-17 13:04 | 悲しいこと  

考えさせられるなぁ

Excite エキサイト : 社会ニュース
当事者になって見なければ判らないこと。
でも食事はさせて欲しかったなぁ・・・
[PR]

by grnhil | 2006-06-16 16:08 | 悲しいこと  

参った!

我が家の出来事!
 この後も外に出て“実地検証”である。マイッタまいった!
[PR]

by grnhil | 2006-05-31 10:35 | 悲しいこと  

我が家の出来事!

 気が付けば我が家の狭い敷地の樹木も鬱蒼と生茂り、
久し振りに枝落としと除草をする。
 妻から“あの草は抜かないで”・“この枝は切らないで”等々
何時もの注意を受けて始まった。
終わってみれば“あの枝切っちゃった・・・”
“折角頂いた花の苗抜かれちゃった・・・”とこぼす。
 こんな時、褒めてもらえば“樹にも登る”
気の弱い亭主なのだが・・・・・(-_-;)。

 この季節、我が家の「恒例の出来事」である。
[PR]

by grnhil | 2006-05-30 23:36 | 悲しいこと  

雷鳴とともに

 夕刻の雷鳴とともに、 苦しみから解放された。
[PR]

by grnhil | 2006-05-20 23:40 | 悲しいこと  

Yさんの復帰を祈る

 Yさんが脳梗塞で倒れたと言う知らせを(Oさんから)受けた。
驚いた。
 彼は小生の山行きにはいつも同道してくれた心の優しい“山の友達”だ。
同じ会社へ勤めていた後輩だが、会社では殆ど知らない仲だった。
“山”が好きで、一週に一度は山に登っていると言うYさん。
そんな彼と、“山”を通して友達となり、これからを楽しみにしていた矢先。

 “山頂で味わうタバコは最高!”と、よくタバコを嗜んでいたが、
最近のこと“タバコは止めるよ”と、約束したところだった。
そのように身体を案じ始めた彼だが、非情なものだ。
 7月に約束した東北の山行きはどうなるのか。
早く復帰できることを祈るばかりだ。
[PR]

by grnhil | 2006-05-09 18:46 | 悲しいこと  

早紀江さんもう少しです。

 横田めぐみさんの母親、早紀江さんが、米下院外交委員会(公聴会)で母親の心情を訴えられた。
 その姿は、まさしく日本の偉大な母親に見えた。
 そして間もなく(今夜)ブッシュ大統領と“直接面会”されることが報じられている。

 彼女は小生と同じ年代である。
 戦後の苦しい時代を生き、そして最愛の娘さんの拉致。
 我が子“めぐみさん”の救出活動で人生の大半を悲しみながら過ごしてしまうのだ。
 私には、とてもとても耐えられない。
 このことで、大きな動きをみせ“全員救出”を切に願う。
 もう少しです!身体を労わりつつ無理せず・・・お願いします。
[PR]

by grnhil | 2006-04-28 17:27 | 悲しいこと