「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

参った!

我が家の出来事!
 この後も外に出て“実地検証”である。マイッタまいった!
[PR]

by grnhil | 2006-05-31 10:35 | 悲しいこと  

我が家の出来事!

 気が付けば我が家の狭い敷地の樹木も鬱蒼と生茂り、
久し振りに枝落としと除草をする。
 妻から“あの草は抜かないで”・“この枝は切らないで”等々
何時もの注意を受けて始まった。
終わってみれば“あの枝切っちゃった・・・”
“折角頂いた花の苗抜かれちゃった・・・”とこぼす。
 こんな時、褒めてもらえば“樹にも登る”
気の弱い亭主なのだが・・・・・(-_-;)。

 この季節、我が家の「恒例の出来事」である。
[PR]

by grnhil | 2006-05-30 23:36 | 悲しいこと  

古いTVが

 我が家の古いTV受像機から煙が出た。
さる24日、夕刻のニュースを観ていると、急に画面が揺れだし、暫らくして焦げる臭いがしてきた。
 何だろう・・・?とあたりを見ているうちに受像機の上部から青白い煙がモクモクと吹上って来た。
 とっさにコンセントからプラグを抜き、暫らく呆然と立ち竦んでしまった。

 これが親たちが不在で、孫だけで見ていたら、どう対処しただろうか・・・?
先日も親の留守中に3名の幼い子供さんの尊い命が奪われた火災事故があった。
 身体が“ゾーット”した。
 
 私たちのTVの取り扱いが悪かったのか。
埃でも入っていたのだろうか?
埃にまみれた生活環境でもないと思っているが・・・
 親として、身の回りを見渡し、安全に気を配らなければいけないなぁ・・・と自問自答。

 他のご家庭にも、こんな不具合がなければ良いが・・・と願う。

そのTVは、未だそのままの位置に置いたまま、手を付けるのも恐ろしい。
[PR]

by grnhil | 2006-05-29 19:29 | 恐ろしいこと  

次を待つ楽しみ!

 上野で開催の“院展”に入選されたTさんの絵の鑑賞に上京することを楽しみにしていたが、それも果たせなかった。
 只今、MailでTさんへ詫びを入れた。
 Tさんのことだ・・・いつか又素晴らしい絵画を描き入選することだろう!
それを待つ楽しみが出来た。
[PR]

by grnhil | 2006-05-25 20:31 | 楽しいこと  

雷鳴とともに

 夕刻の雷鳴とともに、 苦しみから解放された。
[PR]

by grnhil | 2006-05-20 23:40 | 悲しいこと  

放置自転車の始末が出来ない

 放置自転車に困り果て、昨日交番へ相談する。
迅速な応対で早速現場へ駆けつけてくれた。
約6ヶ月を経過した5台の放置自転車。
盗難車かどうかを調査したが「そうではない」と言うことが判り、「市へ連絡すると引き取りに来るので連絡しておきます。」と言って帰られた。
 本日、交番から「市へ連絡したら、公道に放置されたものなら無料で回収するが、個人の駐車場の放置自転車は引き取れないと言うことです・・・」と申し訳無さそうに言う。
 有料なら回収に来ると言うことだ。
ある意味その通りかもしれない。
 また、5台もの自転車をこちらから運び込んだら、産業廃棄物だと言って断られるのだろう。
放置する者がいる限り、この問題は解決できない。一体どうすれば良いのか?
[PR]

by grnhil | 2006-05-19 18:58 | 変に思うこと  

“機能”消化不良・・・だ

 5年ぶりに携帯電話を換えた。
今までのものは文字が小さく発着信時に苦労した。
求めたものは文字も大きく扱い易い。
だが要求しない機能が沢山付いてのが不満と言えよう。
カメラ・テレビ電話・iモード等など・・・こんなもの使うつもりはない。
ただ電話が通じればそれで良いのだが、
買ってしまった。
[PR]

by grnhil | 2006-05-18 21:44 | 変に思うこと  

南会津ツアー

 予ねて企画していた一泊二日の南会津ツアーもいよいよ明日(18日)からとなる。
今回は“ローガンズ”(ギター弾語り)の古里 高杖高原「ペンション・アルミッシュ」の中で演奏会。
先ほどの連絡ではギターリストの松丸さんも松戸から駆けつけてくれるようだ。
総勢23名、部屋割りも済んで明日の宿泊準備も万全を確認。
 翌日の会津散策は“駒止湿原”を計画したが、雪が多かった今年は残雪が心配。
2~3日前当観光課へ問い合わせるも未だ返答がない。多分多忙なのだろう・・・。
只、ただ残念なのは企画して参加できない自分。
[PR]

by grnhil | 2006-05-17 18:36 | 楽しいこと  

川柳に想う

 “昼食は妻がセレブで俺セルフ”・・・が今年のサラリーマン川柳の人気一位だそうだ。
一見男性としては痛ましい感じはするが微笑ましいではないか。
 財布持ちの奥方が「セレブ」を出来るということに、少々のゆとりを感じ安堵する。

 現役時代を想い起こすに、あの頃、何のカンのと言って飲み歩いていたが、妻の財政管理は容易ではなかったと。
[PR]

by grnhil | 2006-05-16 20:30 | 微笑ましいこと  

反応が嬉しい

 個室(7F)から眺める風景は幾重にも連なる山々。
まるで墨絵のようだ。
この中には登ったいくつかの山が有る筈づ・・・。
そんな風景をスケッチしてたら、
ベッドで弱々しい手を振って何かを訴える。
看護師さん手造りのコミニケートボード(アイウエオ50音字)を差し出すと
「そ・の・え・み・せ・て」と差す。
「窓から見える風景だよ」と言って見せると、
表情に乏しい顔を思いっきり、ニッコリしてくれたように見えた。
[PR]

by grnhil | 2006-05-15 19:52 | 嬉しいこと