「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ルーブル美術館展


 8月に開催される「学展」に出展する孫(中3女)に付き合って、
作品(大略90×72cm)の搬入役で久し振りの東京都美術館へ。
 梅雨明けを思わせるような暑さに“ヘトヘト”。
b0076836_16162481.jpg
b0076836_16164644.jpg
時間はたっぷりあるから、あちこち闊歩して来ようと出掛けたが、やっと都美術館の“平和美術展”と芸大美術館で開催の“ルーブル美術館展”を観て帰る。
 山歩きとは違って、美術館会場をダラダラ歩きは疲れる。
b0076836_16171048.jpg

 その中でも、感動は「ルーブル美術館展」の数々の彫刻美。
あの美しさ・・・前300~400年のものとは思えない感動!。
あの時代の「人の姿」が現世の人以上に美しく、研ぎ澄まされ現代離れして映る。
 8月20日まで開催。
[PR]

by grnhil | 2006-07-30 16:25 | 素晴らしいこと  

苦しみは、はかり知れない

Excite エキサイト : 社会ニュース
なんとも切ない事件だ。認知症を患った母を看病し続け、生活保護にも見放された・・・その苦しみははかり知れないことだ。
[PR]

by grnhil | 2006-07-21 15:49 | 悲しいこと  

幻想的な川面

 南会津の高杖高原(ペンション アルミッシュ)へ宿をとり、翌日「駒止湿原」を予定し、17日午後、雨の中出掛けた。
 今朝、前日からの雨は止まず、出掛ける頃には雨脚が強く、「駒止湿原」は諦め、只見から柳津方面を巡った。b0076836_17255817.jpg

 b0076836_17262770.jpg
 金山から柳津に掛けて川沿いを走るが、この雨が招いた幾つもの幻想的な川面を魅せる。
 いつもの山行きの「晴れ男」は小生ではなかったようだ?


 
 
[PR]

by grnhil | 2006-07-18 17:31 | 楽しいこと  

ミチノクコザクラに逢う

 9日(日)~11日(火)にかけて、何時もの山友(K.Odashima・M.Nakamura・S.Yoshizaw・K.Yatabeの4名)と、東北の“八幡平”・“八甲田山”・“岩木山”の三山(いずれも深田久弥の言う百名山)を駆け足で登ってきた。
 梅雨のさなかであったがいずれも雨には降られずお互いが”晴れ男”を自負している。
どの山も花の季節を迎え、可憐な花々に逢えたことが何よりの喜び。
中でも岩木山に咲く“ミチノクコザクラ”のピンクの色合いには感激一入。
b0076836_2181385.jpg

 
[PR]

by grnhil | 2006-07-12 21:18 | 嬉しいこと  

疑問は進歩

Excite エキサイト : 社会ニュース
子供たちの純粋な疑問が生んだ、社会との繋がり。会社の対応も素直で良い。
いろいろ問題のある今日この頃であるが、大人を信じる子供たちになって欲しい。
[PR]

by grnhil | 2006-07-12 20:57 | 微笑ましいこと  

王さん いつまでも待ってます

 王さん 手術すれば治りますよ。
世界一の医療技術を駆使して治療して貰いましょうよ。
貴方は世界の“王さん”だもの。
この際、天がくれた御褒美とし、ユックリ静養され、b0076836_1344936.jpg元気な姿で復帰されるまで待ってます。
[PR]

by grnhil | 2006-07-06 13:07 | 淋しいこと