<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

真岡町の生んだ“田村豊幸博士”のこと

 ひょんなことで田村博士の“野仏展”開催をお手伝いすることになった。
博士は真岡町(今は市であるが)出身の高名な医学博士(臨床薬理学)である。
先年脳卒中で右半身付随となり、リハビリに粘土細工をはじめられた。
 これまでに片手で作り上げた“野仏”作品展を古里の益子町で開催することになった。
b0076836_7301488.jpg

 博士の著書には専門分野はもとより「下野郷土史異聞」「栃木県真岡市の大前神社」「花山天皇」等、古里を想い遣る著書が沢山あり、今も古里を回顧する「真岡町だより」の発行(同郷出身~東久留米在住~の福田浩明氏と共に)は“真岡町”の歴史を見る想いである。
 この度、博士から「脳出血であの世へ行って還ってきて」(馬鹿医者・反省記)なる著書を贈られた。
 現役の医師の「あの世と現世のはざ間の体験」をユーモアを交えた言葉で綴られており「これからの人生に大いに役立てたい」と思う場面が沢山ある。

“野仏展”は益子町陶芸家「松原直之氏」との二人展として開催される。
 場所:民芸店ましこ 
 期間:11月1日(木)~7日(水)
[PR]

by grnhil | 2007-10-09 07:34 | 素晴らしいこと